<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

" Professional "



「007 / SKYFALL」イベントの後。



楽しみにしていたのは。



プロカメラマン・藤井元輔氏によるプライベート撮影。



たっぷりと時間をかけて。



僕だけの為に撮って頂いた写真。



その膨大な写真の極々僅かな一部をここにアップ。



とにかく。



もちろんプロの撮る写真の素晴らしさに感動であるが。



それ以上に。



氏の撮影スタイル。



これぞ「プロフェッショナル」と呼ぶべきその姿勢に感服した次第。



間もなく届く予定のプライベート写真集がとても楽しみである。


MCJ-WEST Petite Meet…ing?



先日。
時間が合ったので集まってみた。



何故か。
偶然にもほぼ同時期に " Aston Martin " に乗る事になった三人の MCJ-WEST メンバー。



" V8 Vantage "・" V12 Vantage "・" DB9 "
それぞれのオーナーの『色』が良く現れている。


" 007 / SKYFALL "



少し前の事になるが。
「007 / SKYFALL」公開記念イベントの招待を受け参加して来た。



" Maserati " の群には慣れているのだが。
さすがに20台程の " Aston Martin " を目の前にするのは初めてである。



その後。
個人的にこの日一番のお楽しみが待っていたのだが。
そのご報告は後日。



やっと開放され…。
『友』を眺めながら遅いランチにありつく。


久々の「山」へ



秋晴れの朝。
" ECU " をキースロットへ差し込む。
瞬時に目覚め雄叫びを上げるエンジン。



久々の「山」へとノーズを向ける。
まだ慣らし中故。
アクセルを踏み込めないのがもどかしいが…。
それでも山肌に響くコイツの声が心地良い。



「山」の上にはいつもの仲間。



全く面識のない " Spyder ZAGATO " 乗りの方ともすぐに打ち解ける。



同じ事の繰り返しではあるが…この時間が楽しい。


畏れと恐れ



このBlogにも今まで何度も書いてきた。
そして事ある毎に言葉に出してきた。

僕にとって「アガリ」のクルマは " Aston Martin " だ…と。



特に。
3年程前…" V12 Vantage " がデビューした時。
これこそが僕が追い求めていた、僕が理想とする1台…そう感じてから。
何度か " Aston Martin " を手に入れる機会はあった。
が。
その都度様々な想いが駆け巡る。

あくまでも私見ではあるが…誤解を恐れずに言えば。
巷にある金さえ払えば誰でも乗れるクルマ…とは違うと思っている。
" Aston Martin " の存在そのものが その様なモノ達を拒絶している…と感じている。
つまり。
平たく言えば 敷居が高い…高過ぎるのだ。
僕如きが乗って良いクルマとは違う。
まだまだ " Aston Martin " に乗る事は許されない。

だから…機会はあっても一歩を踏み出せずにいた。
しかし。
今年の初め…長年共に居た " Maserati " から降りる事になってしまう。
抜け殻の様になっていた僕に…あらゆるタイミングが合致した。
その結果として我が元へやって来たコイツなのだが。
実はオーダーする瞬間まで「本当に良いのか?」と自問自答が続いた。

担当氏曰く。
" Aston Martin " をオーダーする方の殆どは「いつかは乗りたい」と願い。
そして「でも本当に乗っても良いのだろうか?」と悩まれると言う。
恐らく この様に考えられる方はある程度の年齢を重ねている方だとは思う。
が。この話を聞き「自分だけではないんだ」と妙に安心もした。



2012年9月1日。
「アストンマーティン大阪」に現車が到着。
勇んで『我が友』に会いに向かう。
現車を目の前にし…思わず怯んでしまう。
顔が引きつるのが判る。
担当氏「この色。思った色と違いますか?格好良くないですか?」と不安にさせてしまう。
そうではないのだ。
長年の夢、憧れであった " Aston Martin " を遂に『我が友』として迎入れる現実に恐れ戦いてしまったのだ。



その現実に「歓び」よりも「恐れ」が勝ってしまった。
端で聞いたら可笑しな話だと思うだろう。
金額の大小は別として たかが「クルマ」だ。
だが。子供の頃より憧れ続けた僕にとってはコイツの存在ソノモノが「畏れ」の対象になってしまうのだ。



納車から既に三週間が過ぎようとしている。
未だに乗り込む度に緊張を強いられる。

いつかコイツが肌に馴染む日が来る事を…コイツが似合う『漢』になる日を願い…。


In The Rain



その日の夜。
生憎の空模様ではあったが。



いつもの場所でいつもの仲間達と。



雨の中佇む『友』を見て思う。



Maserati には何処までも蒼い空と太陽が似合うけど。



AstonMartin には曇天や雨が良く似合う…。



※写真は全て GSnorinori さんから頂きました。

『友』…Aston Martin V12 Vantage



以前から言い続けている事だが。
物心ついた頃から僕にとっての「アガリ」のクルマは " AstonMartin " と決めている。



" AstonMartin V12 Vantage " …。
コンパクトなクーペ・ボディのフロントに V12 Eng. を押し込み…FR・6MT。



僕の思い描く " AstonMartin " ソノモノの「野蛮」なクルマ。



更には。
あらゆるメイクスが「デジタル」なクルマ造りにベクトルを向けているこの時代。



今後二度と造られる事は無いのではないか?…と思われる「アナログ」なクルマ。



" AstonMartin Racing Green " を纏い我が元へやって来たコイツ。
コイツに「友」と認めてもらえる『漢』を目指して…。


It's almost here.










Aston Martin V12 ZAGATO



仕事を終え。



ディーラーへと急ぐ。



この日…1日だけのチャンス。



世界限定150台のみのコイツ。



そのプロダクト・モデル1号車が現在世界ツアー中。



この先。
二度と目にする機会はないかも知れない。



ベースの " V12 Vantage " と基本コンポーネンツを同じくするが。
車重は何と200kgも軽量化されている。



そんな事よりも…。
とにかく美しい。



幸せな一時。


Aston Martin



Aston Martinからの素敵なお誘い...。



ショー・ルームに並ぶのは。




フラッグシップ・モデル"DBS"



限定車"V8 Vantage N420"



窓の外には、4ドア・スポーツ"RAPIDE"



そして・・・"V12 Vantage"



これだけのモデル達を同時に...そうはないだろう。



この春。
試乗した"V12 Vantage"
この日も、試乗車を用意してくれていた。
もう一度...ステアリングを握り、クラッチを切り、アルミ・インゴットのシフトレバーを操り、アクセルを踏み、ブレーキの感触を確かめ、サウンドに酔いしれる。

あの日の興奮が蘇る。


<< | 2/3PAGES | >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM