<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

MCJ「2011夏 京都・川床」



盛夏。

2月以来、久々のMCJ-WESTイベントは…。



涼を求めて、京都嵐山「高雄パークウェイ」を駆け上る。



今回、集まったMaseratiは総勢8台。



BITURBO系の姿がなく、全てV8NA勢と少々寂しさも感じつつ。



見るからに涼しげな川を眺め。



京都の夏…「床」を楽しむ。



食事と会話、そして舞妓の舞を嗜む。










番外編



破門(爆)

FORMURA DYNAMICS " Performance Anti Sway Bar "



先週。
naoさん”と交代で『愛機』"GranSport Spyder" が主治医の下へ…秘密基地にドック入り。



目的は "FORMURA DYNAMICS" 社製『強化スタビライザー』への換装。



純正フロント・スタビライザーとの比較。
これほどに違いのある太さ。



フロントは、比較的簡単に収まるのだが。

リア・スタビライザーは…。



初めて見る。
トランク内部を下から眺める画像。



更に。



リア・サスペンションも外され。



リア・メンバーを…。



そして、引き下ろされたミッション。



空っぽになってしまった、リア・セクション。



リア・スタビライザーも明らかに違う。



ミッション・ユニットに装着された『強化スタビライザー』



換装後…フロント・スタビライザー。

ちなみに、マフラー。
良い色に焼けているなw



フロント…違う角度から。



僅かに覗く、リア・スタビライザー。



更に、角度を変えて。
ワンオフ制作した " ステンレス・メッシュ製ブレーキ・ホース " が見える。

無事、換装終了…なのだが。
換装後、未だ一度も『愛機』に乗る事が出来ていない。
従って。
インプレッションは、後日。

MCJ Meeting



昨年10月同様。

妖艶な美女に見つめられながら。



"Maserati Club of Japan" 役員会。



降り続いた雨も上がり…陽が差し始める。



いつものオープン・カフェへと場所を移し。



議論は続く。


MCJ-WEST Meeting



"Maserati Club of Japan" West-Branch

この日。
春のツーリング予定だったのだが...。
諸般の事情により "MCJ-WEST" としての活動を急遽一時休止。
それ故。
緊急役員会。

夕日は...この日も美しい。


FIA GT1 World Champion 2010



Maserati Corse...

2010 FIA GT1 World Championship において "Team & Drivers" Champion に輝いた。
訳だが・・・。

その動画。

とにかく...格好良い。
COOLである。
編集の妙を見せつけられるw

と...あくまでも、個人的な感想である。

MCJ Original Wear



先日。
『Maserati Club of Japan』から、小包が届いた。

包みを開けると...。



"MCJ Original Wear"・・・。



昨年12月。
京都で開催された『17th Maserati Day』において発表された、MCJの新作オリジナル・グッズである。



『stand 21』製のブルゾンに、Maseratiロゴ等の各種刺繍を施した一品。
左襟口には、各自の名前も入れられている。



もちろん。
フリース素材のライナーも装備してあり、防寒性も折紙付き。



そのライナー。
実は取り外し可能であり...。
更に、アウター同様の刺繍入り...と、凝った造り。

コイツを着る事はあるのか?
と、問われれば・・・恐らく着る事はないだろうと思う。
でも。
手元にある事が嬉しい。


GranSport Spyder...Re-Modified



昨年末。
『愛機』に加えたプチ・イジリ
その仕上がりに満足していたのだが。
実は、一点のみ気になるポイントがあった。

そんな時。
新たに見つけたコイツ。



純正パドルと、前回装着したパドルとの中間程の長さ。
更には、下部にも伸びているパドル。
なかなか良さそうな形状だ。



実はコレ Ferrari 458 Italiaの純正オプション・パーツ。
Ferrari 嫌いな僕だが・・・。
現在の Ferrari と Maserati ...その成り立ちを考えると、共通パーツも多々あるのが現実。
それ故、この Ferrari 純正パドルも我がMaseratiに装着可能ではないか?
そう考え・・・とにかく一度、お取り寄せw
結果。
大成功。
Maserati純正パーツ同様ぴったりフィット。
カーボンの色・艶・織り目も全く同じ。
操作性もかなり向上。
もちろん・・・見た目も最高ww

コイツで決まりだ。


GranSport Spyder...Petite Modified



先日。

久々に『愛機』に、少しだけ手を加えた。

GranSport Spyderは、2ペダルMT...つまり、ステアリングの裏に存在する、コラムに固定されたパドルでシフト・チェンジを行う。

常々思っていたのだが。
このパドル、もう少し長ければ...と。
加えて。
ステアリング等、インテリア内で随所に使われているリアル・カーボン。
このカーボンと同じマテリアルであれば...と。

見つけた。



いつもの..."Miracolare"
純正カーボンと列べても、カーボンの織り目・色・艶...違いを感じない。
まるで、元々ここに存在していたかの様な仕上がり。

気に入った。





2010 KYOTO "17th MASERATI DAY" Vol.2



早朝。

2日目も暖かな陽光に包まれ。



世界遺産『下鴨神社』...『糺の森』の中。



一番乗りで、落ち葉の感触を楽しむ。



程なく...。



兄弟達も、準備の為に現れる。



気持ちの良い朝...挨拶を交わし。



続々と集まる仲間達。



『流鏑馬』の行われる、この森に。



幾本もの "TRIDENTE" の矢が放たれる。



見渡す限り・・・"Maserati" で埋め尽くされたそこは、既に森の美術館である。



"Maserati" とは縁の深い...と言うより、そのMaserati兄弟が "MASERATI S.p.A" を飛び出し、故郷BOLOGNAに帰り造り上げた "O.S.C.A" MT4。

そして今回、僕の個人的なもう一つの楽しみが。。。



"O.S.C.A" 復興を目指し造られた...世界に唯一の "O.S.C.A" DOROMOS

この2台もゲストに迎えて。



楽しい時間...素晴らしい時間は瞬く間に終わりを迎える。
再び会う事を誓い、皆笑顔で帰路につく。

終了後。



撤収作業中の我々の前を、偶然にも一人の舞妓(本物ですw)が通りかかる。



快く了解を得てカメラを向ける。

日本の古都...世界遺産の中に佇むイタリアの至宝と日本の伝統文化。
そして...森の中にその融合を見つけ『17th Maserati Day』を終える。



9枚目の写真はGSnorinori氏撮影

2010 KYOTO "17th MASERATI DAY" Vol.1



京都。

我が"Maserati Club of Japan"年に1回の最大のイベント。
今年、17回目を数える『Maserati Day』が開催された。

★今回は、写真撮影の出来る時間に恵まれず、写真が少ない事を先にお詫びします。

京都市の後援を頂き、京都市役所前広場にまるで美術館の様に並ぶ、各世代のMaserati達。



朝。
まだ仲間達が到着する前...プチ"GS Brothers"(hiroさん、ごめん)



冬の青空の下、気持ち良さそうなVintage Maserati。



こうして眺めてみると...都市の中に、40台を超えるMaseratiが集まる光景に驚く。



実は、MCJ史上初登場の"Sebring"
この"Sebring"を見る事が出来る...個人的に、今回の楽しみの1つである。
後ろに見える "Quattroporte I "との共通性が楽しい。



その夜...Welcome Dinner Party。
昨年に続き、"Adorfo Orsi Jr."を迎え。
氏のとても興味深く素敵な講演に聞き入り・・・。
楽しい時間は尽きない。



1枚目・6枚目は、GSnorinori氏撮影

<< | 2/8PAGES | >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM