<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

BlackBerries



Passport
Classic
Priv
KEYone
…最近の BlackBerry 4機種。



BlackBerry って画になると思うな。


BlackBerry KEYone
















iPhone SE

舐めていた。

いや〜…甘かった。

どうせそんなには売れないだろうと高をくくっていた。



iPhone SE である。

発売されて数日後…アチコチの docomoショップに確認をしたら在庫無し。
仕方なく予約を入れる。
が…待てど暮らせど入荷せず。
気が付けば予約後既に7週間以上経過。

忘れた頃にやっと来ましたw

僕のメイン端末 BlackBerry が Android OS 搭載 BlackBerry PRIV 5.4 inch大画面端末へと切り替わったので iPhone は大画面である必要性がなくなった。
だったら BlackBerry 1台で良いじゃないか…と言われそうだが。
残念ながら iCloud の呪縛からは逃れられない。
従って iPhone は iCloud 端末としてのみの存在で良いのでハンドリングの良い小型端末が理想。
更には。
iPhone 現行モデルよりも iPhone5/5s/SE の端末デザインが僕の好みに合うのが大きい。

と言う理由で。
僕にとっての5代目 iPhone は SE って事になりました。
(ってか。久々に持ったら画面小さいwww)

BlackBerry PRIV



BlackBerry PRIV Powered by Android



先日。
遂に手に入れてしまった。



STV100-3をベースにBand19に対応させた日本国内限定版SIMフリー端末。



もちろん技適認証取得済み。
これで大手を振ってBlackBerry端末を使う事が出来るw



BlackBerry Torch 9800以来の縦スライド端末。
スライド時のQWERTYキーボードの打ちやすさ・バランス。
共に比較にならない程進化している。



一部記事で酷評されていたが。
その薄さと計算された重量バランス故非常に使い易く手に馴染む。



理想的な端末の1つである事は間違いない。
初代Xperia以来のAndroid OSに相当戸惑ってはいるが…。



※写真は全てBlackBerry Instagramより拝借

BlackBerry Venice



あくまでも噂。



以前から噂の "BlackBerry Venice" の画像がここ数日で大量に流出中。
このスライド端末。



噂通り Android OS 搭載…らしい。



しかもその仕様は Snapdragon 808 6コア(2コア+4コア)・5.4インチディスプレイ・3GB RAM
・1800万画素カメラ…と なかなかの高スペック。



それより何より。
スライド機構により BlackBerry 端末の生命線たる物理式 QWERTYキーボード搭載。



端末デザインは BlackBerry らしいと思う。
だが質感に BlackBerry 特有の高質感が残されているのか…が少々不安ではある。



更に。
個人的に思う最大の問題点。



Android OS をどの程度 BlackBerry 社がチューニングしてくるのか。
単に Android OS を載せてみました…な出来だったらコイツの存在意義は全く無い。
それこそ BlackBerry 社終焉の時を迎えるのみ。



BlackBerry OS の特徴・良さをどの程度残す事が出来るのか。
Hub やショートカットキー等の非常に使い易く慣れ親しんだ BlackBerry OS 固有の良さを詰め込んでくるのなら…。
BlackBerry 復活なんて甘い事は考えないけれど
それでも BlackBerry 社はまだ生き残っていける可能性が見えると思う。



その時は僕も2台持ちなんて無駄な事をせずに iPhone を捨てる事が出来るかな。



docomo様…この端末で BlackBerry の日本復活を願いますw


BlackBerry CLASSIC



ほぼ一年ぶりの更新。
しかも…”我が友”の記事ではなく携帯端末について。



2年ほど前に" PORSCHE DESIGN BlackBerry P'9981 Black Edition " と言う異端中の異端に換えてから僕のメイン端末はコイツが担っていた。
その間 iPhone は例によって” 6 ”へと乗換済みなのは言うまでもない。



そのメイン端末…そろそろ OS10 へと移行するべき時期が来た。
待ちに待った OS10 端末初のQWERTYキーボード+トラックパッド搭載端末の登場である。



" BlackBerry CLASSIC " …コイツを使い始めて既に一ヶ月以上経つ。
初めて手にした時はその大きさと重さに驚きもしたが。
" BlackBerry " らしい高質感に惚れ…そして直ぐに手に馴染む。
日本語が片言なのは少々我慢せざるを得ないがw
" BlackBerry " で LTE が使える感動がそんな些細な事を忘れさせてくれる(何か違う気もするがw)



LEGACY OS で " BlackBerry " はお終い…のつもりだったが。
これでまた暫くは " BlackBerry " と付き合って行けそうだ。


PORSCHE DESIGN "BlackBerry P'9981" Black Edition



" BlackBerry Bold 9900 " を愛用して既に18ヶ月が経つ。
それ以前は 長くても6ヶ月を置かず携帯端末を取り替えていた僕にとって。
携帯端末使用期間としては異常に長期間となる。

" BlackBerry " はあくまでも SmartPhone と言うジャンルの「ツール」である。
その「ツール」としての基本機能である「通話」「メール(テキスト入力を含む)」に関しては。
この " BBB 9900 " と言う端末は非常に便利且つ優れた性能を有していると思う。
だからこそ この僕が飽きる事無く長期間にわたり使い続けているのだ。
もちろん常に持ち歩く Gadget として「モノ」の魅力に溢れているからこそなのだが。



既に新世代 OS である " BlackBerry 10 " 搭載端末が海外では流通を始めている。
ここ日本でも一部の愛好家達によって運用が始められている。
つまり BBB 9900 搭載の " OS 7 " は旧OS となってしまった訳だが。
前記事に書いた様な事情もあり。
僕個人としては…まだまだ " BBB 9900 " を使い続けたい。
だから予備の " BBB 9900 " を入手しようか?…とも考えていた。



話は変わってこの写真。
" BBB 9900 " をベースに " PORSCHE DESIGN " がリリースした端末。
" PORSCHE DESIGN BlackBerry P'9981 " である。
ステンレスでボディを包みバックドアは本革製。
丸みを帯びた BB 端末とは一線を画す直線基調のデザイン。
キーボードが少々打ちにくくなるかな?…とは感じるが。
それでもこの端末に少なからず興味を持っていた。

そこへ… " P'9981 " Black Edition 発表。
コイツは欲しい !!
一気にテンションが上がる。



その " P'9981 " Black Edition は今年1月2日より LONDON の " Harrods " のみで限定発売との情報。
現実には " PORSCHE DESIGN Online Shop " でも販売されたが…残念ながら日本からは買う事は出来ない。



………と言う事で。
恒例のお取り寄せw
実際に手に取ると…想定通り " BBB 9900 " に比べ若干大きく感じる。
「モノ」としてのクオリティは相当なレベル。
そして何より…ズシリと重い。

" BlackBerry 10 " への移行は…まだまだ先の事だな。


BlackBerry 10



数日前。
国内の BB ユーザー界は朝から上を下への大騒ぎだった。
IT 界の東◯ポwと異名を持つ某◯経記事による「ブラックベリー日本撤退」報道。
結論を言えば いつもの飛ばし記事だった訳だが。
我々の肝を冷やすには十分のインパクト。
現実に " RIM Japan " (社名変更により BlackBerry Japan になるのかな?)は「その様な事実はない」と公式にコメントしている。



だが。
BlackBerry社本国&英国では既に発売されている新世代 OS " BlackBerry 10 " 搭載端末の日本への投入は当分の間見合わせる…との事。
この「当分の間…」と言う意味。
危惧しているのは このまま BB 10 搭載端末国内投入をせずサポートのみ行いそのままフェードアウト。
それが怖い。
ちなみに。
「将来的には日本語に対応する予定がある」とも発表されている。
この「将来」がいつの事になるのかが判らない。
その内シレッと j 付きOS が公開される可能性も否定出来ない。
更にはBB 10 からは BIS/BES 接続が必要なくなる。
従って極論を言えば日本語対応さえしてくれたら日本国内での使用に問題はない…とも言えるのだが。



兎にも角にも。
既に発売済みのフルタッチ・デバイス " BlackBerry Z10 "
前面に物理キーを一切持たない潔さがカッコ良い。
そして間もなく発売予定のQWERTYキーボード搭載 " BlackBerry Q10 "
愛用中の " BBB 9900 " からトラックパッド等の物理キー部分を捨てその分液晶画面を拡げた形状。
もちろん BlackBerry にとってのアイデンティティーたるQWERTYキーボードは健在であるが。
実はソレと同等に重要な存在であるトラックパッドが消滅してしまった。
操作性に大きな影響を及ぼす事になると思うのだが…。


iPhone 5



既に二ヶ月以上経っているが。
" iPhone 5 " を手に入れた。
だからと言って…永く愛用している " BlackBerry " に見切りを付けた訳ではない。
あくまでもメイン端末は " BlackBerry " である。

一口に SmartPhone と言ってもそれぞれの使用目的によって機種選択は変わる。
" BlackBerry " は基本的に " iPhone " や " Android " のようにアプリケーションが潤沢にあり 本体はそれを動かすための箱 という位置付けのモノではない。
つまり。
" BlackBerry " 端末と " iPhone " " Android " 端末は並列で語るべきではないのだ。

" BlackBerry " の強みは 通話品質の高さとメール機能及びテキスト入力の優秀性。
そして SNS との親和性の高さにあると思う。
個人的には更にトラックパッドの存在も…なんだけどね。
だが。
如何せん…画面サイズとネットスピード。
そしてカメラ性能は " iPhone " " Android " と比べると寂しさを感じざるを得ない。
だから。
その " BlackBerry " 補完の存在としての " iPhone " なのである。

実はもう一つ。
これも重要なのだが…我が『友』" V12 Vantage " の純正ナビ…" GARMIN " 製ナビなのだが。
コイツの使い勝手が決して褒められた代物ではない。
だからと言ってシステム等との兼ね合い上 ナビその物を入れ換えたくもない。
そこで登場願ったのが " iPhone " と言う訳である。
コレ…なかなか優秀なのが嬉しい。

ちなみに。
写真を見れば判るのだが…この " iPhone 5 " はSIMフリー端末。
docomo Xi "データ通信専用" nano SIM で運用している。
つまり…" iPhone " って名前だけど電話は出来ないwww
僕としては " iPad nano " のつもりで " BlackBerry " との2台持ちである。

Steve Jobsの死…雑感



Steve Jobsが死んだ。
予告も無く、この世を去った。
いや…Apple CEOの辞任がそうだったのかも知れない。
彼の功績は、今更言うまでも無いと思うが。
僕達に未来を現実のモノとして見せてくれた、未来を現実に感じさせてくれた。
数少ない…そんな希有な存在だったと思う。
とにかく。
彼はもういない。
今は…彼のご冥福を祈るのみ。



僕、そろそろ20年になるMac使いである。
つい最近まで、Mac以外を手にする事はなかったし、今後もMacから離れるつもりはない。
もちろん、Win機に乗り換える考えなど毛頭無い。
が。
近年、妙にApple的なるモノに猜疑心と言うのか、疑念と言うのか…。
違和感を感じている事も事実だ。
AppleがMac「の」メーカー…ではなく、Mac「も」造るメーカーへと変貌した頃からだと思う。



Appleの手法やスペックについては言うまい。
例えば。
そのプロダクツ・デザイン。
Steve JobsがAppleの CEO に復帰して開発された、トランスルーセントなiMacが出た頃だったと思う。
ライバル社が挙って真似をしてしまう、そのデザインセンス。
その中でも、僕が一番好きだったのが “ PowerBook G3 “ である。
現在のラインナップ…あの頃のAppleを顕著に感じさせてくれるのは “ MacBook Air “ だと思う。
ただ…。
どんどん洗練され、いかにもセンス・フルなそのプロダクツ群。
そして、世の中にiPhoneを始めとするApple製品が溢れている昨今。
あくまでもデザインとしては“ BlackBerry “ 的なモノや “ ThinkPad “ 的なモノに惹かれてしまう。
この二つ…何故か個人的には " PowerBook G3 " とのデザイン的な共通性を感じてしまう。
結局は、Minority な存在に魅力を感じてしまう自分がいる。



Steve Jobsの死を受けて、最近思っている事を書き連ねてみた。
角の立つ内容だと言う事は重々承知している…が。
あくまでも、僕の個人的な考えである。

ま。
平たく言えば「天の邪鬼」って事なんだけどね。(―。―)y-~o0


追記(2011.10.7)

僕の知る限り…ではあるが。
ここ日本では、Mac&iPhoneユーザーって実は少ない。
Mac&BlackBerryユーザーが圧倒的に多い…様に感じる。
と言うよりも。
BlackBerryユーザーにMacユーザーが多いのかも知れないが。
古くからのMacユーザーは、やはりMinority指向なのか?
と聞かれると、そうではないと思う。
盲信ではなく。
自分が良いと思うモノ、使い易いと思うモノ、クールだと感じるモノ。
シンプルにソレだけが選択基準になっている。
そう思う。

| 1/3PAGES | >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM