<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

久々の…



風の中に冬の冷たさが見え始めた



そんな日々に小春日和の休日



久々にいつもの場所で


久々の " GS Brother…s ?"



春の匂いに誘われて。



久々に集まった " GS Brothers "…のはずが?

肝心の GranSport が1台も見当たらないw



この日は NewComer のお披露目。



1台はメンバー奥様用アシ車の " RENAULT LUTECIA R.S. "

そしてもう1台。



" Aston Martin DBS "


"GS Brothers" Vol.14



秋の1日…暖簾を潜り。



宮大工が暮らしていた家をそのままに…。



中へ入れば。



素敵な空間が待っている。



鎌倉時代から時の流れを見つめてきた灯籠も…。

いつもの様に、美味しい料理と素晴らしい時間。



翌朝。
濡れた路面を楽しみながらワインディングを駆け抜け…。
何故か滝を眺めつつ。



今度は和食に舌鼓を打つ。



" GS Brothers " …やっぱり良いな。

"GS Brothers" Vol.13



秋晴れ。

宿は「十八楼」



「鵜飼小路」を抜け…。



貸し切りの舟は、夕焼けを背に川を上る。
いつもの如く、美味しい食事と楽しい会話。
川面に笑い声が響く。

そして。



今回の目的。
「鵜飼い」である。






宿に戻ってからは。
やはり、毎度同じ事の繰り返しであるが。
日を跨いでも、いつまでも続く楽しい時間。



翌日。
この日もまた、お天道様は恵みの陽を与えてくれる。
金華山へと登り「濃尾平野」を望む。

その後。
「モナコ 2 」を戯れながら駆け抜け。



ランチ会場へ。

絶品イタリアンを頂き、夢wwwを語り合い。



" GS Brothers + 1 "
今回もまた、素晴らしい仲間達との楽しい時間を共有する事が出来た。



"GS Brothers" Vol.12

今回で、12回目を数える " GS Brothers " 。
実は、今まで一度も雨に降られた事がない。
だが今回、当日の朝になっても二日間とも雨の予報。
流石にダメか…そう思い、BMW X6Mで出動。

ところが。
何故か…今回も二日間雨は降らず。
こうなると、いつ雨に当たるのか…少々、怖くもある。

さて。



宿泊先ホテルに早々に到着。
ゆったりと時間が流れるのを感じながら、兄弟達の到着を待つ。



既に我々の定番となった「京料理屋」に今回もお世話になる。



更に。
今回もまた、僕のお気に入り " Bollinger " で乾杯。

いつもの事ながら。
素晴らしい料理の数々に舌鼓を打ち、更にいつも以上に楽しい会話に笑い声が弾ける。



ホテルへと戻り。
大人なBarで…新たなサプライズも飛び出し、再び飛び交う笑い声。



翌日。
琵琶湖畔の高台に建つレストランへ。



素晴らしい眺めと共に。



相も変わらず、美味しい料理と楽しい会話で瞬く間に時間が過ぎる。



今回、雨の予報の為ガレージでお留守番の『愛機』GranSport Spyder。
考えてみたら…『強化スタビライザー』装着後、まだ一度も乗っていない。

2011 "GS Brothers" Vol.1



久々の、4台揃い踏み。



当然の様に澄み渡る空の下。
いつもの京都の街を歩き。



そろそろ陽が落ちそうな時間から...こんなお店で。



カウンターを貸し切り、早速乾杯。

素晴らしい料理の数々は、いつもの様に『食べログ』担当wへお任せするが。
それにしても...今年最後(かな?)の『蟹』をメインにお願いをしたコース。
本当に素晴らしく美味しい料理だった。

そして、お店を出て数分。
大将に紹介して頂いたバーへ...特別な配慮で開けて頂き。



「しだれ梅」(なのか?)に迎えてもらう。



屋根裏部屋の素敵な空間へ。



柔らかい「灯り」の中で。



美味しいお酒に誘われ、いつも以上に楽しい会話が弾む。



約一名、お酒を飲めない某友人wの為に。
『南部鉄器』で美味しいお茶を。



夜が更けるまで続く素晴らしい時間。



・・・だけでは収まらずw
ホテルへ帰ってからも、日を跨ぐまで笑い声は絶えない。



翌朝。
大好きなコース...『比叡山ドライブウェイ』を4台の "GranSport" は気持ち良く駆け抜ける。



相変わらず...クルマ達を眺めながら、熱い会話は続く。



山を駆け下り。
こんな門をくぐり抜け。



広々とした空間に建つ贅沢な場所で、ランチを楽しむ。

いつも同じ事の繰り返しではあるが。
楽しい時間は、いつも直ぐに過ぎてしまう。
次回・・・また。


"GS Brothers" Vol.10



名古屋。

お城を、ぼんやりと眺めながら。。。


この写真のみBlackBerry Bold 9700にて撮影

今回は"GS Brothers"男子部(オヤジ部?)
そろそろお腹が空く時間。
『ひつまぶし』を頂きに街へ繰り出す。
美味しい。
空腹が満たされても、次から次へと箸を口へと運んでしまう。
もちろん、毎度の事ながら楽しい会話は欠かせない。

その後は...諸事情により撮影不可領域へとw
日をまたいでも、飲めや歌えの大騒ぎ( ̄▽ ̄;



翌日。
以前から、一度覗いてみたかった場所へ。
この場所にそぐわない、こんなクルマでお邪魔する。

その後は、趣のある座敷で『味噌煮込みうどん』を食す。
これまた絶品。
濃いぃオヤジ達四人衆の、名古屋グルメ・ツアーを堪能した二日間だった。


The St.REGIS OSAKA

DELTAのお披露目の後。

到着したのは・・・。



前日オープンの。
『The St.Regis OSAKA』



輝くオブジェがお出迎え。



真新しい、そして美しい館内を歩き・・・。



イタリアン・レストラン "LA VEDUTA" へ。



店内を、奥へと案内され。



大人な...素晴らしい個室。



艶やかな女性に見つめられながら...。



柔らかい照明の下。
いつもの様に、美味しい料理の数々を素晴らしいホスピタリティと共に頂く。
もちろん。
楽しい会話を添えて。



食後は。



Barへと移動し...。
更に、楽しい会話を重ねる。



バレーに待たせていた愛機へと戻り。

いつもの・・・。



お気に入りのオープン・カフェで。
楽しい時間は続く。


1・12・13枚目は、GSnorinoriさん撮影。

"GS Brothers" Vol.9



翌日。。。
阪神高速を、大阪へと駆け抜けるGranSport達・・・って???
GS...1台だけじゃんw

さすがに、この酷暑。
Maseratiに不安を抱く...いや。
こんな環境の中、Maseratiを走らせるのは可哀想wwと考え...SUVの出動。



高層ビル最上階で。
外の厳しい暑さから逃れ、涼しく素敵なお部屋での美味しいランチ。
ゆったりとした時間の流れる中、いつもの様に笑い声が絶えない。



今回の"GS Brothers"...。
やはり、暑さを考えひたすら室内で過ごそうと言う、幹事naoさんの配慮で。
大人な僕達www・・・またまた大人なBarへと場所を移し。
用意された広い個室の片隅に固まる(爆)


撮る...を撮ってみたけど...ブレちゃった( ̄▽ ̄;

特に目的が無くても。
走りが無くても。
時間を共有出来るだけで楽しい。

陽が傾くまで、ただ笑い続ける。


"norinori world"



"GS Brothers"の可愛い可愛い末っ子...GSnorinoriさん。

イタリア車だけを乗り継ぎ...そして、彼の現在の愛機は輝くシルバー・ボディの"Maserati GranSport"
"GS Brothers" 4兄弟では、唯一Blog.とは無縁のアナログnoriさんを自称していた・・・はずが...。

とうとう...ついに...突然...アラヨっとw...Blog.を開設さ(せら?ww)れました。

norinori world

ここへお越しの皆様も、ぜひnorinoriさんの世界を覗いてみて下さい。

| 1/2PAGES | >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM