<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Retirement



就任期間 2年3ヶ月。
走行距離 16,000km 。



任務完了。
本日…退役。

最高の…そして最強の「相棒」だった。
短い期間だったが。
今までありがとう。


“ DUNLOP SP QUATTROMAXX “

7月末の事であるが。
相棒 " BMW X6M " が…パンク。



朝、通勤途中に突然目の前に『!』マークが出現。
「タイヤ空気圧異常」との警告であった。
僕の走行感覚に変化は見られない。
BMWの純正装着タイヤは「ランフラット・タイヤ」である。
80km/h以下であれば、80kmまで走行できる。
なので、とりあえずそのまま走行し職場へと向かい…外観上もやはりタイヤに異常は見出せない。
主治医に連絡…結果。
左リアタイヤに釘が刺さっていた。

通常のラジアルタイヤであれば、釘穴程度のパンクは容易に修理可能である。
が。ランフラット・タイヤの場合は難しいと聞く。
幸いにして、この時は何とか修理で対応する事が出来た。
その時点では未だ走行10,000km未満、タイヤの「山」もまだまだ十分に残っているのが現状。
本来であれば、まだ10,000kmは余裕で持つはずではあるのだが。
しかし。
やはり…精神的に気持ち悪いと言う事と、高速走行におけるタイヤへの不安が払拭出来ない。
なので、4本全交換をする事にしたのだが。

X6Mのタイヤサイズは。
F : 10J 275 / 40 R20
R : 11J 315 / 35 R20
このサイズで且つSUV対応の耐荷重性の高いタイヤは実は限られている。
更に言えば、ランフラット・タイヤの乗り味があまり好きではないので、タイヤ交換時には通常のタイプに履き替えたいと思っていた。

1) BRIDGESTONE " DUELER H/P SPORT "

2) MICHELIN " LATITUDE TOUR HP "

3) DUNLOP " SP QUATTROMAXX "

この3種類のタイヤがサイズ適合する。
BRIDGESTONEは純正装着タイヤである…なので今回は選択肢からは外れる。
基本的に僕は、MICHELINが好きだ。
Maseratiには " Ghibli " の時代からMICHELINを履かせている。
当然の事ながら今回も第一選択になるタイヤである。
しかし。
この “ LATITUDE TOURE HP “ の上位に “ LATITUDE SPORT “ と言うタイヤが存在する。
いわゆる “ Pilot Sport 2 “ のパターンをイメージさせるスポーツ・タイヤなのだが。
残念ながら、コイツには適合するサイズが存在しない。
どうしても、その点が気にかかる。
そこで。



残る “ DUNLOP SP QUATTROMAXX “ である。
コイツは " PORSCHE CYENNE " をターゲットに " Nurbugring " を走り込んで開発されたタイヤ。
SUVの世界にスポーツ性を求めたタイヤである。
各方面での評価もすこぶる高い。
俄然、僕の興味はコイツへと向かう。
今まで一度も履いた事のない “DUNLOP “ であるが…コイツにしようか。
ところが。
在庫が全く無い。日本国内に無い。
調べてみると、コイツは “ 独DUNLOP “ の製品。
とりあえずオーダーを入れ、入荷するまでの間現状のまま大人しくしている事に決めた。
10月末。
やっとメーカーより連絡が入る。
今回、25本のみ(驚)生産するとの事。
その生産枠に入る事が出来た。
先日、日本に上陸…そして。
“ DUNLOP SP QUATTROMAXX “
我が相棒にやっと新しいシューズを履かせてあげる事が出来た。


BlackBerry Bold 9900 にて撮影

ちなみに。
コイツが " pininfarina " デザインだ…と言うのが、チョイと気に入らないんだけど。

LED Day Light



『相棒』BMW X6M...チョイとプチ・イジリ。

納車前から昨年末にかけて、外装部&室内灯を可能な範囲で全てLED 灯に換装していたが。
今度は・・・追加である。



ヨーロッパでは近年、既に標準化の兆しの見えるランニング・デイ・ライト。
ここ日本でも、社外品が多数販売されている。
街を走っていても、デイ・ライトを点灯させて走っているクルマを見かける事が多い。
そこで。
我が『相棒』にも装着する事にした。
だが。
所謂、汎用品のポン付けは、僕の性格上w許せない。
色々と試行錯誤。
結果...色々と加工・制作等、いつもの如く主治医の頭と手を煩わせる結果となる。



今回導入した製品は...まるで目玉オヤジw...ではなく。
" HELLA " 製 " LED ayFlex "と言う、LED が 1 灯づつバラバラになっている製品。
故に、自由にセッティングが可能である。
更に。
この製品、5 灯〜 8 灯の 4 種類が設定されているので、好みに合わせて選択する事が出来る。
そこで。
今回は、5 灯タイプを 2 連装...併せて LED 10 灯 × 2 のデイ・ライトをインター・クーラーの直前、ネットの内側に綺麗に収める事が出来た。

なので(写真、上から順に)
エンジン・オフでは、その存在をほとんど気付かれる事はない...と、思う。
イグニッション・オンと共に、陽光の下でも白く眩いばかりの光を放つ。
スモールライト・オンでは、光量 50 %へと減光。



この "HELLA / LED ayFlex" 。
LED リング・ライト、HID ヘッド・ライト等と同一のメーカーではない為。
僅かに色温度の違いがあるのが玉に瑕...なのだが。
なかなか良い感じでセッティング出来たと思っている。
今回もまた、自己満足のプチ・イジリである。


撮影 BlackBerry Torch 9800

Exclamation


撮影 BlackBerry Torch 9800

相棒BMW X6M、未だ走行6,040km・・・。

先日...走行中、ヘッドアップ・ディスプレイに突然『!』マークが出現。
同時に、メータークラスター内のインフォメーションにも『!』点灯。

何事?...と思い、車両情報をチェックすると。
「エンジン・オイル量が最低レベルです」との警告。

いつもは、車両引き取り → 作業 → 納車...と担当氏に全てお願いをしているのだが。。。
この時。
急を要する事象である事、そして時間があったので、担当氏に電話を入れ自らBMWディーラーへと赴く。

サービスの方に話を伺うと。
「Mのエンジンは、3,000km走行でオイル1リッター減ります」と宣告を受ける。

僕の場合、3,000km走行毎のオイル交換をデフォルトにしているが。
走行6,040kmで既に2回オイル交換を済ませている僕の相棒(1,000km点検時&3,000kmチョイ前)
前回交換時から、実は3,200kmを後にしていた。
「さすがドイツ車。こんな事まで正確なのか。。。」
と、妙な所に感心させられた出来事であった。

愛すべきイタリアンでは、チョットずつ減るなんて気の利いた事はしないんだろうな。。。
それこそ、どこかが外れたw破裂したwwなんて感じで、一気に無くなる、そして走行不能に陥る。
と・・・イヤな想像をしてしまう。

最近、車ネタがなかったから...って訳ではないのだが。。。www
こんな事を記事にしてみた( ̄▽ ̄;

LED...BMW X6M



先日のGranSport Spyderのプチ・モディファイ。
実は、同時に室内灯を全てLED化していた。

今までは、外装部に関しては可能な範囲で既にLED化していたが(例えば、ポジション灯・サイドウインカー・ライセンスプレート灯・バックランプ等々)室内灯に関しては全く興味がなかったのだが。

そして...同時にX6Mの室内灯&バックランプもLEDへと換装した。
ちなみに、BMW特有の...いわゆるイカ・リングやライセンスプレート灯は、当然の様に納車前に換装済みである。

これで。
『愛機』『相棒』共に、可能な所は全て HID & LED に換装完了である。
闇に浮かぶ白い光。
SO COOL !!




さて。
これが今年最後の記事になる。
"ghie's TIME 〜戯れの時間〜 "...今年も大勢の方々に訪れて頂き、そして丸3年が経過した。
このBlog.を通じて知り合えた素晴らしい方達、そして素敵な仲間。
そんな皆様の素晴らしい新年を願い。。。

皆様...この1年、ありがとうございました。
良いお年をお迎え下さい。


BMW X6M Coordination



相棒 "BMW X6M" は...強面だと思う。

どうせ『イカツイ』ならw
とことん『イカツク』してしまおうww

そこで、ボディ・カラーに合わせ。
先ずはBMWの顔『キドニー・グリル』である。
最近、BMW乗りが挙って換装している、BMW純正 "BMW Performance" パーツ。
縦桟部は変わらずツヤ消しのまま、外周のクローム・メッキ部のみをピアノブラックに変えているモノ。
換装前は、あまりに『イカツク』なり過ぎてしまうのでは?
と、不安であったのだが、実際にはガンメタのボディ・カラーとX6Mのボディ・サイズ故であろうか。
綺麗に収まり、尚且つ迫力を増した『顔』になったと思う。
そして、これが大切なのだが。
『キドニー・グリル』自体も、ボディに埋没する事なく、静かに自己主張している。
黒いボディ・カラーでは、こうは行かない...と思う。

更に。



ヘッドライト・ユニットのレンズ・カバーに、ボディ保護用のフィルムを貼ってみる。
カラーは、ライト・スモーク。
当初心配していた光量ダウンも軽微なもので、HIDバルブを換えているコイツには、問題になるレベルではないと思う。



ヘッドライト・ユニット以外の全てのレンズ類には、スモーク・カラーでもちろん同様に。



後ろ姿も迫力のある、そして引き締まった表情になった...と思う。

そして。



ペダル類とフット・レスト。
元々は、 "///M" マーク入りステンレス製フット・レストが装着されていた。
しかし、アクセル&ブレーキ・ペダルはゴム製...。
ドアを開けた瞬間、一抹の寂しさを感じる。
そこで。
BMW純正パーツ、BMW Mパーツ、BMW Performanceパーツ...等々を捜してみたのだが。
A/Bペダル&フット・レスト、セットでX6Mに収まるパーツが存在しない。
仕方なく、社外品を色々と調べてみた結果。
"AC Schnitzer" 製のペダル類が、デザイン&クオリティにおいて唯一満足出来る製品であった。
決して "AC Schnitzer" が好き...と言う訳ではないのだが。
いつも通り、あくまでも自己満足以外の何物でもない...と思いつつ。
ドアを開ける度、ニンマリとする自分がいる。


M drive-mode



我が『相棒』BMW E71 X6M。
先日、3,000kmの慣らしを終えた。

ちなみに。
『愛機』Maserati GranSport Spyderは、更に細かく念入りに5,000kmまで慣らしをしたが。。。

これで、やっとコイツのパワーを解放出来る。
そこで。
とあるテスト・コースにて...アクセル全開。

実はこの時、強風と雨に晒される悪天候の中だったのだが。
とにかく、強烈。
2.4tに垂んとする巨体が、555ps/6,000rpm & 69.3kg/1,500-5,650rpm のパワーで
怒濤の加速を見せつける。
しかも、永遠に続くのか?...と、思わせる程その加速が長く続く。



そして、ステアリングにひっそりと佇む "M" Drive-modeスイッチ。
(それにしても、このデザイン...もう少し、何とかならないものだろうか・・・。)
コイツを押す事により、更なるレスポンスとパワーを呼び覚ます。



リミッター直前までアクセルを踏み続ける事を、何度か繰り返してみる。
トルコンATたる6速 M スポーツATは、7,000rpmのレッド・ゾーン直前で瞬時にシフトアップを繰り返す。
悪天候の中、その速度域でも不思議と緊張感はない。
キャビン内は、いつもと変わりなく静かにBGMが流れている。
ノーマル・モードよりも更に獰猛な咆吼を響かせながら
ただ...周りの景色が猛烈な勢いで後方へ過ぎ去るだけ。
強風に進路を乱される事なく、終始安定した姿勢で砲弾の如く突進する巨体。
この速度域でさえ、コーナーもロールする事なく綺麗にラインをトレースする。

V8 4.4L Biturboエンジンは、意識をしていても全くTURBO過給を感じさせない。
ひたすらリニアに...大排気量NAエンジンの如く、アイドリングからレッド・ゾーンまで滑らかに、そして力強い加速を続ける。
コイツがTURBOエンジンを積んでいると言う事実を、忘れてしまいそうになる。



リミッター直前の超高速域から、ブレーキを踏んでみる。
20inchホイールの中にぎりぎり収まる巨大なローターとキャリパー。
安定した姿勢のまま、強力な減速Gと共に急激に速度を削り取って行く。
何度か繰り返し試みてみたが...フェードの兆候は見られなかった。
これなら、安心してこの巨体を走らせる事が出来そうだ。


X6M。
それにしても...コイツは一体ナニモノなんだ?


休日の夜...秋風を感じて



休日のある日。
目的もなく、街を彷徨ってみる。



何度か使った事のある、オープンエアのカフェで。
『相棒』を眺めながら、一休み。


午後の...。



残暑。

まだ陽射しも強く、暑さも厳しい休日の午後。

それでも...。
オフィス・ビルの間を抜ける風が、涼しさを運んでくれる。

お気に入りのオープンカフェで...。
微睡む空気に少しだけ秋が見える。


X6M Petite Modified



『相棒』BMW X6M

先日、エンブレムにお化粧を施してみた。
ま。
目的は、いつもの如く...カッコ良いからw
ちなみに。
このカーボン・エンブレム...個人的には、結構気に入ってるww

本来は、納車前に完了させたかったプチ・イジリ。
先日、やっと完了。



内容は...。
先ずは、僕にとってのデフォルト。
ブレーキ・ホースをステンメッシュ製へと交換。
更に、ホイールの塗装。
色は・・・前相棒 Alfa 159 と同色のハイパー・ブラック。
ぬら〜っとした質感のガンメタに近い色である。
あの色、実はかなりお気に入りだったから。。。
ただ。
今回は、ボディ・カラーとのマッチングを考えて色調を1トーン落としてみたが。



ここまでの状態では、全体として完全なモノトーンになってしまう。
少しだけ『色』が欲しかったから。
ブレーキ・キャリパーも色を変えた...『キャンディー・レッド』
通常の『赤』ではなく、深みと艶のあるメタリックな紅だ。
(写真では、全く表現出来ていないのだが...)
当初、目指していた色は違ったのだが。
技術的に問題があった為に、今回は断念せざるを得なかった。
次の機会があれば、ぜひもう一度挑戦してみたい。
ついでに、懐かしの "BMW M Power" のレタードもw




ところで、今回は...。
前相棒の様に、全メッキパーツの塗装は敢えてしなかった。
ガンメタのボディ・カラー故...と言う理由が大きいが。
このボディ・サイズでは、逆にメッキパーツが全体を締めている効果がある...と、思っての行動である。



こうして完成した姿を見ると。
シルエットは全く違うのだが...前愛機である"Maserati 3200GT"を思い出す。


| 1/2PAGES | >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM