<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

19th MASERATI DAY



こんなオフザケは終わりにして。



今年もやって来た " Maserati Day "



19回目を迎える今回は。



10月27日・28日の2日間にわたり「YAMAHAリゾート嬬恋」を舞台に行われた。



昨年とは打って変わり晴天に恵まれた初日。



秋の陽射しが気持ち良い。



これだけで成功したも同然。



「YAMAHAリゾート」内のカート場に居並ぶ様々な年代の Maserati 達。



仲良く並ぶ " Quattroporte III " と " Royale "



" Ghibli " と " Ghibli Spyder "



…見惚れてしまう。



絶えない笑い声で満たされる恒例の " Welcome Party "
その後の " Midnight Party " は日を跨いでも終わらない。



来年。
" Maserati Club of Japan " 20周年の節目を楽しみに…帰路へ。


MCJ-WEST…2012秋



澄み渡る空が高いこの日。



尾道までひた走り。



先ずは絶品イタリアンを楽しむ。



更に。
瀬戸内海を渡り。



松山の街で。
中華の円卓を囲んだ後は日を跨ぐまでいつもの Maserati 談義。



翌日。



鳴門の見える山の上で和食に和み。



初参加のご夫妻は…。



こんな2台で駆けつけてくれた。



naoさん…いつもながらお世話になった上。
素晴らしいお心遣い、本当にありがとうございます。


MCJ-WEST Touring in Summer



前日。
こんな場所で " GS Brothers " のミーティングwを行い。

翌日。



何故か。
ロープウェイでこんな高い場所へと運ばれる。



今回。
参加台数は少なかったが…とても気持ちの良いワインディングを久々に堪能させてもらえた。


MCJ-WEST Touring…春



春。



今年もまた…。



いつもの仲間達と。



" TRIDENTE " と共に。



………花は散り…再び……。


TRIDENTE



『三つ叉鉾』…言わずと知れた、我が愛する " Maserati " のエンブレムである。

Maserati 兄弟の故郷「ボローニャ」は「マッジョーレ広場」にある「ネプチューン像」
その像が持つ『三つ叉の鉾』
そのボローニャ市の紋章でもある海神ネプチューンの持つ鉾を、六兄弟の中で唯一自動車の道ではなく芸術家の道へと進んだ四男マリオがデザインしたのが…この " Tridente " である。

今でこそ Maserati 車のノーズには必ず当たり前の様に " Tridente " が燦然と輝いているが…。

Maserati 兄弟が造った初めてのフル・オリジナルのグランプリ・マシーン。
そして初めて " Maserati " の名が与えられた1926年製造の " Tipo 26 " のラジエーター・グリル上部に取付られたバッヂ。
それが、この " Tridente " であった。

この製作された年から与えられた形式名 " Tipo 26 " に初めて " Tridente " が付けられてから。
以来 Maserati 車のエンブレムとして現在まで使われるのである。



SAYONARA



突然の別れ。

'96 Ghibli GT 6MT に始まり
'97 Quattroporte IV ottocilindri
'00 3200GT 6MT [ Officine Alfieri Maserati ]
そして…'07 GranSport Spyder 。
16年間。
常に僕の側にいた " Maserati " から降りる時が来た。

今日。
友と共に走り行く愛機を見送り…。

" Maserati " との長い逢瀬の終わりである。



Night Driving



仕事を終え。
湾岸線を走る。



路面を削らんばかりにアクセルを踏みつけるのではなく。



ゆったりと…。



『愛機』を味わう様に。
そして、愛しむ様に。



身体と心に染み込ませ忘れない様に。



さぁ。
帰ろうか。



18th Maserati Day

紆余曲折を経て。



『18th Maserati Day』開幕である。



今年の舞台は箱根。



今まで記憶にない…雨に降られた初日。



『富士芦ノ湖パノラマパーク』を貸し切り、公園の中に Maserati 達を佇ませ愛でる。



今年もまた。
あちこちで熱い会話の輪が出来る。



友人が手に入れたばかりの素晴らしい " Sebring " も、早速仲間の中に溶け込む。



雨の勢いも増し…さすがにクラブハウスへと避難。



夜は恒例の『ディナー・パーティ』
笑顔と笑い声に包まれる。

もちろん、その後の『ミッドナイト・パーティ』へと傾れ込み…。
いつまでも話は尽きない。



翌朝…雨は上がったが、山の天候は濃霧。



その幻想的な霧の中を、嬉しそうに駆け抜けて行く Tridente 達。



最長老の " A6 1500 Pininfarina " 。



" Mistral " 達も素敵な歌声を聴かせてくれる。



" Biturbo " 軍団も変わらぬ存在感を見せつける。



『ランチ・パーティ』では会長のイタリア・レポートを熱心に聞き入る。

二日間にわたる濃密な時間は過ぎ去った。
また来年。
素晴らしい仲間達との再会を願う。



MASERATI Kubang













MCJ-WEST Touring…赤穂



残暑。



それぞれが、思い思いに気持ち良く愛機達を走らせ。
10台のTridenteが目指したのは…赤穂。

新鮮な海の幸を味わい。



瀬戸内海を一望出来る岬にMaseratiを並べ。



いつもの様に…まったりとした時間を過ごす。



今回は、Ghibli II × 2 そして 3200GT と、Biturbo 達も健在。



それにしても。
GranSport …増殖中w


| 1/8PAGES | >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM