<< December 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ASTON MARTIN TRACK DAY in OKAYAMA



過日。
”岡山国際サーキット”にて。



毎年夏の恒例イベント” TOHM 2016 ”内イベントとしての Aston Martin 1 make Sports Run 。



V12 Vantage をサーキットで走らせるのは実は今回が初めて。



気持ち良く Engine を廻し切ってきた。


iPhone SE

舐めていた。

いや〜…甘かった。

どうせそんなには売れないだろうと高をくくっていた。



iPhone SE である。

発売されて数日後…アチコチの docomoショップに確認をしたら在庫無し。
仕方なく予約を入れる。
が…待てど暮らせど入荷せず。
気が付けば予約後既に7週間以上経過。

忘れた頃にやっと来ましたw

僕のメイン端末 BlackBerry が Android OS 搭載 BlackBerry PRIV 5.4 inch大画面端末へと切り替わったので iPhone は大画面である必要性がなくなった。
だったら BlackBerry 1台で良いじゃないか…と言われそうだが。
残念ながら iCloud の呪縛からは逃れられない。
従って iPhone は iCloud 端末としてのみの存在で良いのでハンドリングの良い小型端末が理想。
更には。
iPhone 現行モデルよりも iPhone5/5s/SE の端末デザインが僕の好みに合うのが大きい。

と言う理由で。
僕にとっての5代目 iPhone は SE って事になりました。
(ってか。久々に持ったら画面小さいwww)

BlackBerry PRIV



BlackBerry PRIV Powered by Android



先日。
遂に手に入れてしまった。



STV100-3をベースにBand19に対応させた日本国内限定版SIMフリー端末。



もちろん技適認証取得済み。
これで大手を振ってBlackBerry端末を使う事が出来るw



BlackBerry Torch 9800以来の縦スライド端末。
スライド時のQWERTYキーボードの打ちやすさ・バランス。
共に比較にならない程進化している。



一部記事で酷評されていたが。
その薄さと計算された重量バランス故非常に使い易く手に馴染む。



理想的な端末の1つである事は間違いない。
初代Xperia以来のAndroid OSに相当戸惑ってはいるが…。



※写真は全てBlackBerry Instagramより拝借

Aston Martin DB10



過日。



前作「007 / SKYFALL」に続き映画「007シリーズ」最新作「007 / SPECTRE」特別試写会に招待して頂き鑑賞してきた。



幼少の頃からの映画「007シリーズ」の大ファンとして今作の出来には大満足。



現役James BondたるDaniel Craigはその第一作配役決定時に賛否両論(否が圧倒的に多かったが)巻き起こしたものだが。



最新作において彼以上のJames Bond俳優はいないのでは?と思えると同時に。
彼は今作でJames Bondを降りても良いのでは?と感じるストーリーでもある。



映画「007 / SPECTRE」の内容が長くなってしまったが。



この作品において BOND CAR として今作だけの為に特別に作られた “ Aston Martin DB10 “(映画の為にVantageボディをベースに10台だけ造られ市販される事はない)の特別展示も同時に行われた。



実車は…凄く凄くカッコ良い!!
写真で見るよりもグラマラスで非常に魅力的である。

このまま市販してくれれば良いのに…。


BlackBerry Venice



あくまでも噂。



以前から噂の "BlackBerry Venice" の画像がここ数日で大量に流出中。
このスライド端末。



噂通り Android OS 搭載…らしい。



しかもその仕様は Snapdragon 808 6コア(2コア+4コア)・5.4インチディスプレイ・3GB RAM
・1800万画素カメラ…と なかなかの高スペック。



それより何より。
スライド機構により BlackBerry 端末の生命線たる物理式 QWERTYキーボード搭載。



端末デザインは BlackBerry らしいと思う。
だが質感に BlackBerry 特有の高質感が残されているのか…が少々不安ではある。



更に。
個人的に思う最大の問題点。



Android OS をどの程度 BlackBerry 社がチューニングしてくるのか。
単に Android OS を載せてみました…な出来だったらコイツの存在意義は全く無い。
それこそ BlackBerry 社終焉の時を迎えるのみ。



BlackBerry OS の特徴・良さをどの程度残す事が出来るのか。
Hub やショートカットキー等の非常に使い易く慣れ親しんだ BlackBerry OS 固有の良さを詰め込んでくるのなら…。
BlackBerry 復活なんて甘い事は考えないけれど
それでも BlackBerry 社はまだ生き残っていける可能性が見えると思う。



その時は僕も2台持ちなんて無駄な事をせずに iPhone を捨てる事が出来るかな。



docomo様…この端末で BlackBerry の日本復活を願いますw


| 1/59PAGES | >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM